画数で決める

名前を付ける前に

親の願いを込める
名づけに使える字
名前を決める期限

名前の決め方

音運判断で決める
画数で決める
漢字の意味から決める
兄弟で名前を揃える
親の名前から決める

名前を決める際の注意点

意味のある名前か
漢字の読みは自由
熟語として使われていないか
身近な人に同名の人はいないか
性別が名前でわかるか
長すぎる名前でないか
発音がしやすいか
苗字とのバランスは良いか

生まれた季節によって付ける名前

春生まれの場合
夏生まれの場合
秋生まれの場合
冬生まれの場合

当て字って?

当て字で名前をつけていいの
当て字で名前を付ける場合
当て字の良い点
当て字の難点

親以外につけてもらう名前

恩師や仲人さんにつけてもらう
占い師やお寺でつけてもらう
祖父、祖母につけてもらう

偉人から名前を貰う場合

亡くなり方も調べよう
何を成した人なのか
生存している人からは貰わない
子供の名前 大百科

名前の決め方

画数で決める

名前を決める際には『画数』を気にして付ける方法があり、多くの方が参考にしているようです。しかし、画数とは何なのでしょう?言葉はほとんどの方が聞いたことはあるかもしれませんが、実際どんなものかと聞かれて正しい答えをできる方は少ないようです。ですので画数を利用した名づけの話の前に、まずは画数についてからお話しますね。

画数とは姓名に使われている漢字を構成する『画』の数の事で、古来より自分の姓名がもつ画数が、自分の人生に深く関係すると言われている事から画数を調べる事で自分の歩む人生の総運を調べる姓名判断の一種になります。ですので子供の名づけの際に画数を気にしながらつけるのは、子供の歩む人生が幸多いものになるようにとの祈りの為であるようです。実際に自分が子供の名前を付けるのなら、できるだけ穏やかな人生を歩んで欲しいと思いますよね?そして気休めかもしれませんが、名前で使う漢字を画数の良いものにすることで子供の人生が豊かなものになるかもしれないと言われたら、出来るだけ画数の良いものをつけたいと思うのが親心ですよね。もちろんそういった抽象的なものが苦手な方もいますが。

ここまでが画数の意味、画数を利用した名づけの背景になります。では次に本題になる画数を利用した名づけの方法を、簡単ですがお話していきますね。 まず画数で姓名判断をする場合、姓の漢字の画数から順に、天格・人格・地格・外格・総格となります。子供の名づけの際に重要になるのが、姓の最後の漢字と名の最初の漢字の画数を合わせた『人格』と、名の漢字の画数の合計である『地格』、姓名全ての漢字の画数の合計である『総格』、総格から人格を引いた数である『外格』の4つの格になります。

この中でも人格は姓名判断で最も大事な格と言われ、この画数で20歳くらいまでの『家庭運・結婚運・仕事運』を指します。そして地格は幼少期から中年期までの『才能運・金運・適職運・性格』を指し、総格は人生全体の総運を指し、中でも中年期以降に影響を及ぼすと言われていて、外格は職場などの外的要素や対人関係などの運勢を指します。

ですのでできるだけ良い画数をもつ漢字を使った名前を付けたい場合、これらの画数の中にできるだけ凶が入らないように、という気持ちで付けるといいでしょう。画数での姓名判断では格数は5つあるのですが、その全てを吉や大吉にするのはとても難しい事なのです。また画数での姓名判断にはいろいろな流派があり流派ごとに格の数え方も違うようですので、画数にこだわった名前を付けたい場合は是非一度専門の書籍も目を通して見てくださいね。

Copyright (C) 子供の名前大百科 All Rights Reserved